ディスクユニオン下北沢店ストアブログ
 




●ROBERT GLASPER ロバート・グラスパー / FUCK YO FEELINGS(2LP)
輸入LP 4,620円(税込) (CONCORD / 7213533 / 0888072135338)




※2LP
これまでブルーノート・レコーズの中心アーティストとして活動していたロバート・グラスパーがコンコード傘下のLoma Vistaに移籍、移籍第一弾。
グラスパーを支えているのは、大ヒット2012年作品『ブラック・レディオ』に参加し、今年のSUMMER SONIC 2019でもともに来日したデリック・ホッジ(b)とクリス・デイヴ(ds)。2019年5月14日(火)にロバート・グラスパーが「この週末スタジオをブッキングしたよ。」とこデリック・ホッジとクリス・デイヴにショートメールを送り、その週末スタジオに集結。ほかの友人たちにもグラスパーは声をかけ、5月19日(日)2:00AMにはこのトリオと友人たちにより約20曲レコーディングされていた。その録音が本ミックステープ。ロバート・グラスパー、デリック・ホッジ、クリス・デイヴの3人が集まった録音は『ブラック・レディオ』以来約8年ぶり。

参加アーティスト:Buddy, Denzel Curry, YBN Cordae, Bilal, Herbie Hancock, Mick Jenkins,Yebba, Audra Day, Stacyann Chin, Baby Rose, Rapsody, SIR, Bridget Kelly, Song Bird, Muhsinah, Queen Sheba, Herbie Hancock, Yasiin Bey








●ANTONIO LOUREIRO アントニオ・ロウレイロ / LIVRE (LP)
輸入LP 4,180円(税込) (INDEPENDENTE / NRTI021 / 2299990635116)




■ 180グラム重量盤/全世界300枚限定盤

歌と器楽、ジャズとエレクトロニクスが融合する、音楽の近未来。ブラジル最注目シンガーソングライター/マルチ奏者による18年最新作が、限定プレスにて待望のLPリリース。カート・ローゼンウィンケル、アンドレ・メマーリ、ペドロ・マルチンス他参加。

2010 年代にデビューしたブラジルの新世代アーティスト群のなかでも、ジャンルを超えて最も話題となってきたといっても過言ではないシンガーソングライター/マルチ奏者、アントニオ・ロウレイロ。
二回の来日ツアーの反響も大きく、くるり主催のフェスティバル「京都音楽博覧会 2015」へも出演、10,000 人以上の聴衆を前に繰り広げたソロパフォーマンスは語り草に。ピアニスト林正樹のアルバムやライブへのゲスト参加、菊地成孔との対談など、日本の多様なミュージシャンから信奉を集めている。芳垣安洋(ds)、鈴木正人(b)、佐藤芳明(accordion)とのスペシャル・バンド編成により行った 2013 年の東京公演は、アルバム『In Tokyo』(NKCD1010)として翌年リリース。
10 種類近くの楽器を自ら演奏するマルチ奏者としての活動も多い。現代ジャズ・ギター界の “皇帝” ことカート・ローゼンウィンケルのヒット作『Caipi』に共作を提供、ドラムス/パーカッション奏者としても日本を含む世界中をともにツアーしているほか、マイク・モレーノなど NY ジャズの精鋭たちとの交流も盛んだ。アート・リンゼイ、ルイス・コール、アカ・セカ・トリオなどの国外勢から、トニーニョ・オルタやアンドレ・メマーリらブラジル勢に渡る共演歴の顔ぶれの多彩さは、その音楽のスケールの広さとユニークさをそのまま証明している。

スタジオ・アルバムとしては 6 年ぶり・3 作目となる本作は、サンパウロの個性派シンガーソングライター、ト・ブランジレオーニと自身による共同プロデュース。エレクトロニクスの比重が増し、1 曲を除きすべてで歌を収録したアルバムで、歌とインストゥルメンタルが有機的に重なり合うサウンドはさらに進化。前人未到のシンガーソングライター作品を完成させた。
ラティーナ誌による<ブラジル・ディスク大賞2018>において関係者投票2位・一般5位に選出されるなど、日本でも確固たる人気と評価を得ている。






●MILTON NASCIMENTO ミルトン・ナシメント / MARIA MARIA
輸入LP 3,410円(税込) (FAR OUT RECORDINGS / FARO215DLP / 5060114368170)




レコードで聴く「ブラジルの声」。ブラジル音楽の黄金時代である 1976 年にミルトン・ナシメントが録音したものの長らく未発表となっていた幻の音源『マリア・マリア』がついに世界初レコード・リリース!

「ブラジルの声」と呼ばれるシンガー・ソングライター、ミルトン・ナシメント。聴くものを魅了してやまない圧巻の歌声と、教会音楽、ブラジル・ミナス州のフォークロア、ジャズ、ビートルズなどの影響が渾然一体となったワン&オンリーなコンポジションで、1960 年代に鮮烈にデビューするやいなやブラジルを代表するミュージシャンにまで上り詰めた音楽家である。その影響力はブラジルにとどまらず、1960 年代後半から北米でも活躍し、ハービー・ハンコックやウェイン・ショーター、パット・メセニー、ポール・サイモンらと共演。90 年代以降も 1972 年に残した名作『Clube da Esquina』を筆頭に、世界中の音楽家、音楽ファン、DJに再発見されるなど多くの人々に愛されてきた。

今回初めてレコードでリリースされる『Maria Maria』は、ミルトン・ナシメントが盟友である作詞家のフェルナンド・ブランチとともに前衛的バレエ楽団のグルーポ・コルポとコラボレートし、マリアと呼ばれる一人の黒人女性のライフストーリーに基づくショーを考案、そのサウンドトラックとして 1976 年に録音したもの。時期としてはウェイン・ショーターの名作『Native Dancer(1975)』に参加したのを皮切りに、『Minas(1975)』『Gerais(1976)』『Milton(1976)』といった自身の名作を連発していた頃。本作もそんなミルトンのひとつのピーク期を収めた作品であり、未発表音源とはいえ内容的には先述の名作群にも決して劣らない作品であると言えるだろう。表題曲を筆頭に "Os Escravos de Jo", "A Chamada", "Pai Grande", "Fransico" などの代表曲を含む珠玉のレパートリー、ジョアン・ドナート、ヴァギネル・チゾ、ナナ・ヴァスコンセロス、パウロ・モウラ、ナナ・カイミ、クレメンチーナ・ヂ・ジェズースといった「街角クラブ」の仲間を含む当時のブラジルにおける最高のミュージシャン達による鬼気迫る演奏、そして天賦の才ともいえるミルトンの音楽的魅力と、迸る実験精神、自身のルーツであるブラジリアン・アフロへの意識、くわえて忍び寄る軍事政権に対する抵抗、ミルトン自身の思い出などが交差するその内容は、長い間リリースされずに眠っていたのが信じられないほどの濃密さだ。








●MARK DE CLIVE-LOWE マーク・ド・クライブ・ロウ / CHURCH SESSIONS
国内CD 2,640円(税込) (RINGS / RINC63 / 4988044052086)




多岐なシーンで活躍を続けるキーボード奏者/プロデューサー“マーク・ド・クライヴ・ロウ”が主催する、セッション・イベント「CHURCH」。
ジャズ/ソウル/ヒップホップを代表するミュージシャンが多数参加した、躍動的な熱気と演奏が集約された音源が9周年を記念して一枚に!!

CHURCHはマーク・ド・クライヴ・ロウが2010年からLAで始めたパーティ。ミュージシャンのライヴとDJのプレイを垣根なく楽しむ場だ。「教会」の名が付いているのは伊達じゃない。飛び入りのセッションもあって、時間と共に様々な人々が混じり合う特別な空間が出来上がる。パーティ9周年を祝うライヴを収めた本作からは、その熱気と演奏のクオリティの高さが伝わるはず。LAのみならずNYでも評判となったCHURCHは、ハイブリッドでオープンマインドなジャズを追求してきたマークのライフワークである。(原 雅明 ringsプロデューサー)








●SAM WILKES サム・ウィルクス / LIVE ON THE GREEN SPECIAL EDITION
国内CD 2,530円(税込) (ASTROLLAGE / ASGE30 / 4988044052079)




商品詳細情報※日本限定CD (輸入盤CDは、ございません。)
2018年のベストディスクとして、バイヤーやライターからピックアップされたサム・ウィルクス「Wilkes」から1年・・・待望の新作となるライブ&スタジオ盤が完成!!
LPに未収録だった5曲の音源を追加した、正にライブ・オン・ザ・グリーンの完全盤となる日本企画限定盤がCDリリース!!

2018年のベストディスクとしてジャズやニュー・エイジ、ポスト・クラシカルを中心としたバイヤーやライターからピックアップされた名盤かつ初ソロ作となった『Wilkes』は、2019年5月astrollageより日本限定でCD化されたことも記憶に新しい実力派ベーシスト/コンポーザー、サム・ウィルクス。

待望の新作は、名作『Wilkes』のアルバム発売直後の2018年11月に行われたライブ音源とスタジオ録音で構成。このCD盤には『Wilkes』から“Today”、“Run”、“Descending”に、アナログ盤には未収録の“Tonight”に“Welcome”、“Hug”と更に2曲を追加した5曲を含む、計13曲が収録されており、正に“Live on The Green”の完全盤と言える内容になっている。

ジョー・ヘンダーソンやアリス・コルトレーンといったジャイアンツのカバーも披露。「エクスペリメンタル・ライブ・アルバム」と言うように、ジョン・ケージにもインスパイアされた観客が放つサウンドも含めて、あの楽曲群がライブではどのように変化しているのか・・・新たな才能の一端に触れることのできる素晴らしい作品に仕上がっている。『Wilkes』で衝撃を受けた方は問答無用で聴いていただきたい、新世代ジャズ重要作品の1つなのではないでしょうか。

ソングリスト
1.Sivaya(Live) *
2.Welcome(Live) *
3.Today(Live)
4.The B Section Of Inner Urge(Live)
5.Tonight(Live) *
6.Alma(Live)
7.Run(Live)
8.Unsure(Live) *
9.Hug(Live) *
10.Descending(Live)
11.Sivaya(Studio)
12.Unsure(Studio)
13.Descending(Alternate Mix)(Live)






※店舗受取サービスはディスクユニオン・メンバーズ限定のサービスとなります。

引用元: https://diskunion.net/
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008007601B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1007839575B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008019382B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008027934B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008027935B29



ディスクユニオン下北沢店
京王井の頭線、小田急線下北沢駅徒歩7分(北沢タウンホール向かい) 地図
年中無休 営業時間12:00~21:00(時短営業)
(日祝 12:00-20:00)
お問い合わせ tel: 03-3467-3231 E-mail: dsk@diskunion.co.jp
お知らせ



  Technics SL-1200 MK7


 

下北沢買取センターのご案内







▼買取申込書は下記より!!







通信販売のご案内
instagram
 FOLLOW US
@diskunion_shimokitazawa


DJ機器・アクセサリー
Pioneer DJ機器やTECHNICS SL-1200シリーズ、レコード針まで豊富にご用意!

オンライン・セール情報
ROCK中古情報まとめブログ
日本野鳥の会長靴
バードウォッチング長靴在庫有ります!フェスやタウンユースにも是非。
各店へのご意見、ご要望はこちら
ブログ内検索
メールマガジン
店舗案内
width=

〒155-0031
東京都世田谷区北沢1-40-6
小田急・京王井の頭線下北沢駅北口徒歩5分 
茶沢通り沿い(タウンホール前)
TEL:03-3467-3231
営業時間:12:00-21:00 (時短営業)
(日祝:12:00-20:00)
e-mail:dsk@diskunion.co.jp

◆◆ENGLISH PAGE◆◆

下北沢CLUB MUSIC SHOP
(disk union下北沢店内)

◆◆詳細はこちら◆◆

ディスクユニオン下北沢店 TEL:03-3467-3231 年中無休 営業時間11:30~21:00(日祝のみ20:00閉店) e-mail:dsk@diskunion.co.jp